ひかり司法書士法人・ひかり土地家屋調査士法人

成年後見制度のご利用 image-成年後見制度のご利用

成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症や知的障害等の理由で判断能力が不十分であるために、不動産や預貯金などの大切な資産を自分で管理するのが困難な場合や、自己に不利益な内容であることが認識できないまま悪徳商法の被害に遭ったりしないために、その方を援助してくれる人を選任し、保護してもらう制度です。

この成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度という2つの制度があります。

法定後見制度

法定後見制度とは、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等が本人の利益を考えながら、本人を代理して法律行為を行ったり、本人が勝手に自己に不利益な法律行為をした場合に後からそれを取り消したりすることによって、本人を保護する制度です。

法定後見制度には、判断能力の欠けている度合いによって「後見」「保佐」「補助」の3種類に分けられます。簡潔に言えば、「後見」が 最も保護の度合いが大きく、「補助」が保護の度合いが小さい、保佐はその中間といった具合です。本人の意思・行為をできるだけ尊重 しようという場合は補助、とにかく本人を保護しようという場合は後見を選ぶとよいでしょう。

任意後見制度

任意後見制度とは、充分な判断能力があるうちに、将来自分が認知症になってしまったときのために、あらかじめ自分で選んでおいた代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公正証書で結んでおくというものです。

成年後見制度の流れ

成年後見制度のご利用の仕方は、本人の状況、家庭の事情等によっても様々ですので、成年後見のご利用をお考えの方は、初回無料相談をご利用いただき、お気軽にご相談ください。

01まずはお気軽に電話またはメールでお問合せ下さい。☎0120-936-507

02初回面談 手続きの説明、見積書提示

委任契約 ※委任契約まで費用はかかりません。

法定後見制度「判断能力にかけている」

03必要書類の準備

04家庭裁判所へ申立

05後見開始

任意後見制度「十分な判断能力がある」

03必要書類の準備

04公証人役場にて任意後契約書の作成

05東京法務局にて登記

将来的に後見開始

「ひかり」が提供するサービスのご紹介。こんな時「ひかり」におまかせ下さい

会社を設立される方へ イメージ

会社を設立される方へ

これから起業される方を様々な方面からサポートます。ご利用に応じて2つのプランをご用意しています。

不動産の名義変更をされる方へ イメージ

不動産の名義変更をされる方へ

不動産の所有者が変更となる場合には法務局への登記申請が必要です。司法書士は登記のプロですので安心しておまかせください。

相続・遺言の相談 イメージ

相続・遺言の相談

大切な財産をお子様やお孫様の世代へ受け継いでいくお手伝いをさせていただきます。

任意売却をご検討の方へ イメージ

任意売却をご検討の方へ

住宅ローンが払えないなど、ひとりで悩まないで下さい。「任意売却」という解決策のご提案をさせていただきます。

成年後見制度のご利用 イメージ

成年後見制度のご利用

ご利用の仕方は、状況、家庭の事情等によっても様々です。まずはお気軽にご相談ください。

土地・建物登記業務 イメージ

土地・建物登記業務

建物を新築・増築されたり、土地を分割したいなど登記に関する業務についてのご案内。

測量業務 イメージ

測量業務

土地の境界を確定させたい方や、現況を知りたい方は、土地家屋調査士による測量のご案内。

料金表ページへ

お問い合わせページへ

copyright© ひかり司法書士法人 all rights reserved.