ひかり司法書士法人・ひかち土地家屋調査士法人

任意売却をご検討の方へ image-任意売却をご検討の方へ

任意売却とは

住宅ローンが払えないなどの理由で「いずれ競売になる」「競売で落札される」前に債権者(金融機関)に通常通り売却することの同意を得て、売却することを任意売却といいます。

※ただし、任意売却とは通常の不動産売買と違って、専門的な知識や経験をもとに債権者からの同意を取り付ける作業が必要となります。

競売とは

住宅ローンの支払いが困難になると、銀行は貸していたお金を回収するために、裁判所を通じて、一番高く買ってくれる人(落札者)を募集します。これは、所有者の意思に関係なく強制的に行われます。こうして、担保にとっていた不動産をお金に換えて回収する制度を競売といいます。落札者の募集は、裁判所の閲覧室やインターネットなどによって、広く公開される方法によります。

例えばこのような場合でも、任意売却で解決できるかもしれません!

  • 住宅ローンを滞納している。もしくは払えない。
  • 裁判所から競売開始決定通知書が届いた。
  • 裁判所から調査官が来た。
  • 税金滞納による差し押さえがされている。

任意売却と競売の比較

売却額の比較

競売の場合 任意売却の場合

落札者のほとんどは、転売目的の不動産業者であるので、利益を得るために、市場価格の5割~7割程度の価格で入札されます。そのため、少ししか債権者にも返済されず、多額の借金が残ることになります。

競売での返済額

一般市場価格に近い値段で売却することができるので、多く返済できて残債も当然少なくなります。残りの残金については、無理のない金額を分割で支払う契約をします。

任意売却での返済額

プライバシーについての比較

競売の場合 任意売却の場合

競売物件情報として新聞やインターネット、情報誌などに掲載されます。当然、入札を検討する業者は調査を行いますので、ご近所さんに聞き込みを行い、周囲にも知られてしまう事になります。

販売方法は通常の売却物件と変わりませんから、周囲に知られることはありません。「 子供の学校を考えると、遠くには引越せない」という方でも安心です。

新生活に向けての比較

競売の場合 任意売却の場合

引越しなどの費用は全額自己負担となります。
明け渡しに応じない場合は、裁判所によって強制退去が執行されます。

債権者や買主様に、売却額より引越し費用を確保できるよう交渉できます。
引越し時期についても、当社から事情をお話しし考慮して頂きます。

結果の違い

競売の場合 任意売却の場合

多額の借金が残り自費で引越し。
競売になると自宅を失います。それでも借金は残ります。

新生活のスタート
残債の支払い方法、引越先など、全面的にサポートします。

提携NPO法人のご紹介

NPO法人 任意売却支援センター

任意売却で大切なのは、 迅速な行動、ほんの少しの勇気と信頼できる相談者です。京都・滋賀に根差し、地域密着で活動する任意売却専門のNPO法人です。競売にかかりそうだと不安に思っている方、任意売却をご検討中の方はご相談ください。【任意売却の無料相談会実施中

「ひかり」が提供するサービスのご紹介。こんな時「ひかり」におまかせ下さい

会社を設立される方へ イメージ

会社を設立される方へ

これから起業される方を様々な方面からサポートます。ご利用に応じて2つのプランをご用意しています。

不動産の名義変更をされる方へ イメージ

不動産の名義変更をされる方へ

不動産の所有者が変更となる場合には法務局への登記申請が必要です。司法書士は登記のプロですので安心しておまかせください。

相続・遺言の相談 イメージ

相続・遺言の相談

大切な財産をお子様やお孫様の世代へ受け継いでいくお手伝いをさせていただきます。

任意売却をご検討の方へ イメージ

任意売却をご検討の方へ

住宅ローンが払えないなど、ひとりで悩まないで下さい。「任意売却」という解決策のご提案をさせていただきます。

成年後見制度のご利用 イメージ

成年後見制度のご利用

ご利用の仕方は、状況、家庭の事情等によっても様々です。まずはお気軽にご相談ください。

土地・建物登記業務 イメージ

土地・建物登記業務

建物を新築・増築されたり、土地を分割したいなど登記に関する業務についてのご案内。

測量業務 イメージ

測量業務

土地の境界を確定させたい方や、現況を知りたい方は、土地家屋調査士による測量のご案内。

料金表ページへ

お問い合わせページへ

copyright© ひかり司法書士法人 all rights reserved.