ひかり司法書士法人・ひかち土地家屋調査士法人

土地地積更正登記について

「土地地積更正登記とは」土地家屋調査士業務のうちの一つです。

土地の登記簿の地積(面積)を訂正する登記です。土地の登記簿の面積は元々は明治初期の地租改正に伴って測量された面積です。それ以来一度も土地地積更正や土地分筆等の登記がされないまま現在に至る土地は大きな誤差を含んでいる可能性が高くなります。 

明治初期の測量はそれ用の縄等を用いて距離を計測したりしていました。測量技術が低かったということです。又、地元の有力者が国から命令を受け実施していたようです。なので地元民の事を慮り、少なめに測量していたとういう話も聞きます。(資産税がその面積で課税されるからです。)現在は光の速度を用いて距離を計算し、なお且つ角度も秒単位で測定できるトータルステーションなるツールでもって観測します。誤差もミリ単位の世界です。

よって、一度も土地地積更正や土地分筆等の登記がされないまま現在に至る土地の登記簿は大きな誤差を含んでいる可能性が高くなります。しかも現在の技術で実測すると前述の理由により面積は大きくなる可能性が高いです。勿論例外もありますが。

売買契約には現在の実測面積で価格設定するケースと登記面積でするケースがあります。

売主にとっては安直に面積が多く価格が高い実測取引のほうが得かと思われますが、購入時の取得費との関係でそうでない場合もあるかと思いますので、不動産売却をお考えの方は是非ご相談下さい。当グループなら、測量~所有権移転~税務処理をワンストップで行えます。お気軽にご相談下さいませ。


copyright© ひかり司法書士法人 all rights reserved.